私は以前アガという化粧品を使っていました。理由は息子が以前勤めていた会社で取り扱っていた商品で毎月二万円ほど息子が購入しなければならないという事で使っていました。

価格は息子が買ってくるのでよくわかりませんが、クレンジング、洗顔、化粧水でだいたい9000円位だと息子が言っていました。化粧品はどちらかというと30代以上の方が使うといいというようなものでした。成分も天然由来でよかったです。

クレンジングではマッサージしながら使うのですが肌に栄養がしみ込んで供養内明治でやってました。顔があったかくなってやり終わると気持ちがいいです。それが終わると洗顔で泡立てネットを使って肌に刺激が行かないようにしてやっていました。オレンジっぽい香りがして突っ張らなくとても良い使い心地です。

それが終わると化粧水です。混合肌ようをつかっていました。

あと2万円するといわれた金箔が入っているエッセンスも使っていました。しわが気にならなくなったと当時は思っていました。値段のせいもあるかもしれませんが。

ファンデーションもアガを使っており洗顔の買いもあってか化粧の乗りもよかったです。

現在は自分で購入したものを使用してますが当時まさか息子から洗顔の仕方や化粧品をもらえると思ってもみなかったのでうれしかったです。息子は金銭的にきつかったと思いますが、私はおかげで高価な化粧品を使うことが出来ました。

現在私が愛用している化粧品は、オールインワンタイプのジェル化粧水です。昔はセラミドクリームを主に使っていました。今でこそ、ブランドなどは一切気にせず、使い心地や、値段、容量などで選ぶようになりましたが、以前は、決まったブランドの化粧品を愛用していました。

「ここのブランドが一番いい!」「ここのブランドを使うのが当たり前!」と自分の中で決めつけていました。今思えば、何であんなにこだわっていてのか謎です。

化粧水だけで三千円から四千円は当たり前、それに加えて、乳液や美容液も揃えていましたので、トータルすると絶対一万円は超えていました。本当に高価な買い物をしていたなぁとつくづく思います。

なぜかと考えてみると、今のように、オールインワンとかいろいろな種類もありませんでしたし、化粧品のブランドと言えばこれ!という感じだったので、洗脳されてたかなぁとも思います。

今では、化粧水と乳液が一本になっているようなタイプを使用しているので、だいたい千五百円前後で済み、金額的にはかなり安上がりです。使い心地も、以前使用していたものに比べ、まったくと言っていいほど違いがないので、とても気に入ってます。

以前のようにブランドには全くこだわらなくなったし、倹約にもつながって好い事尽くしです。

化粧品は主に行きつけのドラッグストアで購入しているのだけれど、アイシャドウを買うときだけ、いつも迷ってしまっていた。

お気に入りのアイシャドウは「カネボウKATE」で、長年愛用していたのだけれど、別のメーカーのアイシャドウなんかと見比べると値段が倍以上も違ってるくらい安いものもあったりして。

500円以内で同じような色合い(チップ付き)のを見つけると、ものすごく迷っていた( ̄◇ ̄;)あ~こっちにしようかな~と。

そして友人が、「アイシャドウで1,000円以上かけるのは勇気がいるよね~私はいつも安いやつ使ってるよ!」なんて言っていたことを思い出したりして、勇気を振り絞って安い方を買ったことが「KATE」一筋に私をさせたのだけれど☆

出来上がりの感想としては、まぁ普通ってところなんだけど、1,500円もする「KATE」のアイシャドウと違って、何回もチップにつけて塗らないと気が済まないってことに気づいて、あ~やっぱり違うわ! と実感しました(*^◯^*)

「KATE」の方は、チップにサッと付けただけで瞼にサーッと広がって、しかも落ちにくい。夜まで色をキープ!

しかし安い方は、塗っても塗ってもノリが悪いし伸びが悪く、しかも落ちやすい。お昼休憩で塗り直し。だから減りも早い...。

化粧した直後の見た目にはなんら変わりはないのだけれど、やはり違いました。値段の差というのは、そういうところに出るのですね!

それからというもの、私は迷うことなく「KATE」一筋で愛用しております☆時には冒険するのも勉強になりますね!

ムダ毛の処理はたまに自分でやることがありますが、脱毛サロンの利用が安全に処理できるのでいいと思います。通うことができ便利な所に沢山あるので気軽に利用してみることができます。

また体験キャンペーンを利用して脱毛を体験してみることができ、その店舗のサービスが気に入ったらまた利用をしてみることができるので良いと思います。

女性でも男性でもムダ毛の処理に悩んでいるときは、専門店に行くのが早いしきれいに脱毛の処理をすることができると思います。エステであれば手頃な価格帯で自分が希望をしている箇所の脱毛をすることができるので便利だと思います。

脱毛専門の美容外科等で本格的に脱毛をすることができるようですが、かかる費用が高い分エステよりも効果は高いといわれます。このような美容外科に行ったことはないのですが、濃いムダ毛の処理に悩んでいる場合は、このようなところを利用して永久脱毛等をしてみるのがいいのではないでしょうか。

エステ等で脱毛の処理を行うことで、自宅で処理をする機会が減り結局は経済的なのではないかと思います。近年ではこうしたエステの利用がより一般的になってきており、女性だけでなく男性等幅広い世代が利用をしているようです。

私が普段使っている化粧品について書きたいと思います。

私がいつも使っている化粧品は、株式会社リ・ダーマラボさんの「モイストゲルプラス」という商品です。

この「モイストゲルプラス」は、名前の通りゲルクリームです。100gで税込4800円と、ちょっとお高めですが一度使うとリピートしたくなる化粧品です。

このモイストゲルプラスは、化粧水・乳液・美容液・クリームの機能が一つになったオールインワンゲルなんです。だから、洗顔後はこれ1本でいいので時短にもなるしとっても簡単なんですよ!

それに、着色料・香料・鉱物油・アルコール・界面活性剤・防腐剤・旧指定表示成分が無添加なので、敏感肌の方にも安心して使える商品だと思います。

他にも、保湿やエイジングケアもできる優れものです。

たまに、違う化粧品などを使うとお肌が荒れたりすることもあるんですが、このモイストゲルプラスを使うと肌荒れも気付いたら治ってたりするんですよ。

他の化粧品でピリピリしたりすることがありますが、モイストゲルプラスではそういうピリピリすることもないので、毎日安心して使っています。

それに、オールインワンゲルでは珍しいポンプタイプのエアレスボトルなので、毎回同じ量が出てくるし、空気にふれないので酸化も防いでくれます。

何より、ポンプタイプなので、最後まで衛生的に使えるので魅力的な化粧品だと思います。

現在、私は50代ですが20代のころより資生堂の化粧品を使い続けています。今使っているものはリバイダル グラナスのメーキャップ製品を使用しています。

ファンデーションの前に、両ほほ、額、鼻、あごの5か所に、ダブル使いの美しさを極めるベースのリバイダル グラナスのイリデッセントベースをのせて指先を使い、顔全体にむらなくなじませていきます。

肌と一体化するようになじませ、真珠色のような光沢感がでるので、肌トーンがかなりアップします。次に、うるおいに満ちた艶肌に仕上げるために、バイタル グラナスのリキッド ファンデーションをパウチの上から数回押し出して指さきにとりだします。

片方のほほにおき、指の腹で軽くなじませます。もう片方も同様になじませます。また少量足して、額、目、鼻、口の周りもしあげましょう。

そのあとに、フォギー効果で上質感を演出するパウダリーのリバイダル グラナスのファンデーション パウダーをスポンジを使って付けていきます。

スポンジをファンデーションの表面にあてて、すべらせるようにとって、片方のほほを仕上げます。もう片方も同様に仕上げた後、スポンジに残ったパウダリーで額、目、鼻、口のまわりを仕上げます。

私が長年愛用しているのが「ドクターシーラボ」のアクアコラーゲンゲルです。5年以上前に、母親が使っているのを試したのが出会いでした。

私の肌は混合肌で、鼻は脂っぽいのですが、冬場は口まわりは粉がふくくらい乾燥します。おまけにとても敏感肌で、合わない化粧品だとすぐに赤くなって荒れてしまいます。

海外製品はほとんどだめで、国内ブランドでも半数以上の化粧水が合わないです。そんな私がシーラボのゲルを試したときは、赤くならなかったので私でも使えるなと思って使い始めることにしました。

翌朝起きたときも、まだ肌が潤っており感動しました。それにこれは、オールインワンゲルで、化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地が一つになっています。

とはいっても私は混合肌なので、別の化粧水をコットンにつけて、鼻を中心に顔全体になじませ、そのあと、シーラボのゲルを頬や口まわりを中心に手が優しく暖めながらつけていきます。

夜はゲルを多めに、朝は薄めに膜を張るようにつけます。そのあとファンデーションをつけても、浮くことないので大丈夫です。たまに他の化粧品に浮気したこともありますが、どうしてもこのゲルに戻ってきてしまいます。

日焼けや体調などでどんなに肌が敏感になっているときでも使えるのがありがたいです。

私は女性ですが非常に毛深くて小さな頃からの悩みでした。中でも一番気にしているのがへその下の妊娠線ができる周囲の部分です。

女性の体とは思えない毛が生えています。しかも中学生の頃にムダ毛の処理をするのにT字の剃刀で剃ってしまったことがあり、それ以来非常に硬い毛がそこには生えるようになったのです。産毛のような柔らかいものならまだしも、犬の毛のように硬くて太いのです。

ボディラインがきれいではないこともあり、そしてこのようなムダ下が生えているので上下が分かれているような水着は到底着ることができません。十分に処理をしても市販の剃刀で剃る程度ではまったくきれいにはなりません。

そのため温泉などでの入浴時にも非常に気になります。温泉に行くことが分かっている場合はあらかじめ処理をしますが、急にぶらりと温泉に行くようなことになると十分に手入れをしていないことがあり恥ずかしい思いをすることもしばしばです。

更に気になるのが胸のムダ下です。両胸とも乳輪の脇あたりから1本だけ毛が生えています。気が付いた時には処理しますがこれもかなり継続的に処理をしないと非常に醜いです。

男性ホルモンが強いのかと疑いたくなるほどムダ毛には悩まされています。あごの下に1本毛が生えた時も非常にショックでした。ここは少し伸びると非常に見苦しいので忘れずに毎日処理をしています。しかし剃るだけではすぐに硬い毛が生えてきます。お金などに余裕があればエステなどの脱毛も試してみたいと感じる今日この頃です。